気の置けない友人同士で|一生の思い出となる挙式は結婚式場選びが肝心です

一生の思い出となる挙式は結婚式場選びが肝心です

ウェディング

気の置けない友人同士で

女性

楽しめる演出を

結婚式が終わった後に気の置けない友人同士で二次会を行うのが一般的です。新郎新婦のそれぞれの仲の良い友人に幹事を依頼することが多いです。新郎新婦それぞれ1人から2人の友人に依頼します。幹事は1人でやらずに、必ず複数の人数で担当します。まず新郎新婦と一緒に顔合わせをします。メールなどの連絡先を交換します。まずは会場探しです。結婚式から参加する人も二次会から参加する人も行きやすい、交通アクセスの良い所を選びます。カラオケボックスのパーティルームやレストランなどを貸し切ることが多いです。新郎新婦の希望を確認し、演出に合わせて、バンド演奏やカラオケなどが可能か設備を確認します。いつもの飲み会にならないように、演出やゲームを行います。ゲームは景品を用意します。目玉の商品を用意するのが近年の流行です。

当日は担当を分担します

二次会の案内は郵便でも良いですし、最近はメールも頻繁に使われています。出欠の確認が取りやすいからです。人数に合わせた料理や飲み物を注文します。結婚式の二次会当日、幹事は担当を分担します。受付、音響、司会、会計などです。司会はオーソドックスな方が良いでしょう。漫才などはプロでも失敗することがあります。成功例はほとんどないので避けます。二次会のおおよその流れを進行表にしておくと良いでしょう。時間の目安になるからです。ゲームはルールのわかりやすい、誰でも楽しめるものが良いでしょう。ビンゴは結婚式の二次会の定番です。景品は持ち帰りやすく、誰もが貰ってうれしいものを選びます。景品を持ち帰りやすいよう、紙袋などを用意してあると便利です。幹事はゆっくり料理やお酒を楽しめませんが、新郎新婦が喜んでくれることで労が報われます。