夫婦のマナーが問われる|一生の思い出となる挙式は結婚式場選びが肝心です

一生の思い出となる挙式は結婚式場選びが肝心です

ウェディング

夫婦のマナーが問われる

ウーマン

人気があるものとは

結婚祝いのお返しは夫婦として二人が初めて行うものになります。多くの人が結婚祝いを持って来てくれるので、それに対するお返しは夫婦二人の評価にもなってしまいますので気を付けたいものです。結婚祝いのお返しは「結婚内祝」となり、定番の品物は「使うと消えてなくなるもの」です。それならば使ってもらえるものの方が喜んでもらえるため、タオルや洗剤といった日常的に使うもの、食べるとなくなるお茶やお菓子、コーヒーなどが良く選ばれています。また、新郎新婦の出身地が遠い場合にはその出身地の名産を贈るのも夫と妻のどちらかしか知らない人たちにも自己紹介代わりになります。どうしても品物を選べないという場合には、好きなものを選んでもらえるカタログギフトも根強い人気があります。

結婚式をあげなくても

近年では結婚式をあげないというカップルも増えてきていますが、そんな時でも結婚祝いを貰った場合にはきちんとお返しをすることが大切です。結婚式をしないから結婚祝いを貰ってもお返しは不要だというのはマナー違反となり、これ以降の付き合いに大きな影響を与えてしまうケースが多いのです。それを防ぐためにも必ずお返しは必要になります。基本的には結婚式をあげても上げなくても、頂いた結婚祝いの半額にあたる「半返し」になりますが、親族などで高額の結婚祝いを頂いた時には3分の1返しでも問題ありません。しかしあまりにも少ないお返しの場合には相手の方に失礼に当たりますので、3分の1〜半額程度の金額の品物を選ぶようにしておきましょう。